教育の最近のブログ記事

本学部は、東京都の人口の3分の1、およそ400万人が在住する多摩地区に本拠を置く唯一の医学部です。このため付属病院は、我が国有数の実績を誇る高度救命救急センターをはじめとする高度先進医療機関としての性格とともに、地域医療における基幹病院としての性格を併せ持つなど、医学部学生の教育病院として、得難い環境を備えております。

杏林大学は医学部の他、保健学部、外国語学部、総合政策学部を擁する総合大学であり、医学教育を多面的に支援することのできる体制も整っています。また杏林大学は現在、文部科学省のグローバル人材育成推進事業地の拠点整備事業に採択され、その推進に全学を挙げて取り組んでおります。本学部もこの機会を活用し、地域に根ざしつつも、グローバルな視野を持った医師の育成を目指す取り組みを始めております。このような恵まれた環境を最大限に活かして、今後とも「良き医師の育成」に邁進して参ります。

(杏林大学医学部医学長メッセージより)

 

杏林大学の医学部は、三鷹にあり今若者に人気の吉祥寺からもバス一本で行けます。実力があれば誰でも医学部を受験し入学できる正当な試験です。

杏林大学は英語が苦手でも、理数系が強い人が合格する傾向が強くあります。

 

慶応進学会フロンティア

合格への必勝法

| トラックバック(0)

医学部受験というと、どれほどの時間を勉強に費やせばよいのでしょう。難関といわれる医学部入試。特に国公立大の医学部を目指そうならば、トップレベルの学力を身につける必要があります。

では、どのような勉強法を行ったら、医学部入試に合格する学力を身につけることができるのでしょうか。

医学部合格を目指すためには、意識しなければならないポイントがあります。

まず、どんなものにも大切なことですが、モチベーションを維持することです。医学部を目指す理由は何ですか?その気持ちを忘れないことです。

そして効率的な勉強を心がけることです。医学部生は勉強ばかりしている、というイメージを持っている人が多いかと思いますが、実際は全くの逆で、高校時代から勉強以外にも部活や趣味に精を出している人が非常に多いのです。

これは、最小限の労力で最大限の結果を出せるような勉強の仕方を常日頃から行っているからです。一般的にだらだらと長い時間勉強している人はあまり成績が伸びない傾向にあります。

では、最小限の労力で最大限の結果を出せるような勉強法とは一体どのようなものなのでしょうか?

・ 教科書レベルの知識を大事にする

・ 多くの問題に手をつけるよりも、少ない問題を何度も復習する

の2つが挙げられます。

「教科書レベルの知識を大事にする」

難関大学を受ける受験生ほど疎かにしてしまうポイントです。ほとんどの大学は難問奇問を出題することはせず、標準レベルの問題を短時間に正確に解かせる問題を出題します。従って、教科書レベルの基礎知識を疎かにしないことがとても重要になってくるのです。

医学部に合格する為に実践する事

「多くの問題に手をつけるよりも、少ない問題を何度も復習する」

このことも、多くの受験生が犯すミスです。人は一度見ただけですべてを記憶できるほど賢くできていません。何度も何度も反復演習を繰り返すことによって初めてその内容をマスターできるのです。問題集は冊数よりも、1冊を反復した回数の方が何倍も大事なのです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは地域です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30